データから見る地域の釣果傾向分析(茨城編)

データから見る地域の釣果傾向分析(茨城編)

ここでは各地で釣れる魚の分析をしていきたいと思います。

まず今回は茨城編となります。

茨城県はその大半を太平洋に面しておりとても豊かな釣りスポットを抱えている県です。

また霞ケ浦など優良な淡水湖も抱えており海・川両方とも釣りを楽しめる県であります。

今回は茨城県での釣りにおける傾向を見ていきたいと思います。

1位はブラックバスという結果になりました。

海に面している茨城県という背景からは意外な結果となりました。

ただ、霞ケ浦や利根川などの淡水魚のスポットも数多くありますので、そういう意味ではある意味納得の結果かもしれません。

次に来るのがシーバスになります。ブラックバスと合わせると3/5程を占める結果となりました。

3位以降は海水魚が連なってきています。

その順に ヒラメ。メバル。アジ。コチ。ブリ。カレイ。ハゼ。と様々な種類の魚が釣れます。

この豊かな魚種は多くの面を海に接している茨城県ならではの特徴と言えると思います。

次に釣れるスポットについて。。

利根川、鹿島港、下津海岸、鰐川、北浦、犬吠埼。。

海・川・沼など様々なシチュエーションに応じた釣りスポットが数多くあります。

その為、狙う魚に応じた釣りスポットを目指していくのが一番ベストな選択であるといえます。

そういう選択肢が出来るのも茨城県ならではの特徴であると言えます。

元々、漁業が盛んな県ですので獲れる魚の種類や量も豊富ですので、その影響が釣りにも出ていると思います。

 

 

まとめますと。。

茨城県は淡水海水共に様々な魚種の宝庫です。

釣りたい魚を選んで釣る事が出来る豊かな釣りスポットを擁しています。

釣り好きな人にとってはとても魅力的な県であると言えます。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

データから見る地域の釣果傾向分析。

今回は茨城県を取り上げました。

今後も定期的に他の地域も取り上げていきますので是非参考にしてみてください!!

 

 

 

 

 

 

 

データから見る地域の釣果傾向分析カテゴリの最新記事