釣りブログ ~東北6県編 岩手~

釣りブログ ~東北6県編 岩手~

今回は岩手の釣りについて話してみたいと思います。

岩手県は国内でも北海道に次ぐ面積を誇る大きな県です。

どれだけ大きいかというと、四国全体の面積と岩手県の面積がほぼ一緒なくらい大きいです。

どれだけ大きいかお分かり頂けると思います。

そんな岩手県の釣りの特徴は何と言ってもリアス式海岸に代表される県沿岸部といわれる地域です。

そしてその沿岸部も宮古や久慈に代表される沿岸北部地域や釜石や大船渡に代表される沿岸南部地域に分けられます。

ただ南北ではそれほど釣れる魚は変わらず、海岸線はリアス式海岸で大部分は岩礁帯で各湾に砂浜が点在するというのが特徴です。

またその湾内には漁港があり、それぞれで釣り船が存在します。

岩手1年間で釣れる魚の傾向です。

メバルが多いです。やはり岩礁多いリアス式海岸を多く持つ県ならではだと思います。

その為、船釣りがとても盛んで、特に大船渡市の越喜来湾、吉浜湾は船釣りのメッカのようになっています。

沿岸の主な釣り物はカレイ、ヒラメにアイナメ、ソイなど根魚。船カレイは湾内の掛かり釣り、湾口~湾外の流し釣りの両方を

楽しめ、マコガレイ、ムシガレイ(ヒガレイ)、ナメタガレイなどに根魚類も上がる事があります。

また夏の夜はアナゴ、夏から冬の夜にかけてはヤリイカ・スルメイカなどのイカ釣りも盛んです。

また秋から春にかけては湾外の深場でオキメバルやタラなどが釣れます。

と、色々な魚がつれますが、近年はヒラメが好調の様です。

個人的にも砂浜などの投げ釣りでも拾えるヒラメの投げ釣りはとても大好きです。

またイカ釣りのメッカともなっている釜石港には県外からの釣り人も多く来訪してとてもにぎわっています。

淡水域では主にイワナやヤマメが狙えます。多くの川が3月1日に解禁され例年の傾向だと沿岸河川から始まり、新緑の季節になると

内陸部でも釣れるようになります。

震災後は数が少なくなったと言われていますが、春先はヒカリと呼ばれる降海のために銀毛化したヤマメが釣れました。

夏場はアユ釣り、冬は岩洞湖のワカサギ釣りと四季折々の釣りを楽しむ事ができます。

岩手の海釣りで気を付けないといけない点はやはり東日本大震災の影響です。

震災後時間は経っていますが、一部の地域では釣り遊泳禁止だったり、漁礁が変わっていたりしている箇所が何か所かありますので、

事前に情報を確認して釣りへ行くようにしましょう。

この様に海水淡水共に釣りを楽しめる岩手県。海釣り渓流釣りどちらも好きな方にとっては天国の様な県です。

その天国なのは釣りだけでなく、下に挙げるような観光スポットも多岐に渡っています。

厳美渓:国の名勝・天然記念物に指定され、「日本百景」のひとつでもあり、栗駒山を水源とした磐井川の中流に位置し、

約2kmにわたり渓谷です

猊鼻渓:そそり立つ絶壁と優雅に流れる砂鉄川が独特な雰囲気を醸し出渓谷。

岩山パークランド:市街地の東の岩山の中腹にある遊園地で、岩手山や盛岡市街の展望を楽しみながら遊べます

岩手県立美術館:萬鐵五郎や舟越保武など、岩手ゆかりの作家の充実したコレクションが特徴の美術館です

盛岡城跡公園(岩手公園):「不来方城」と呼ばれ市民に親しまれる盛岡城の城跡を整備した公園です

盛岡市動物公園:のどかな環境でのびのびと暮らす約100種類800頭以上の動物に会うことができる動物園です

とざっと挙げただけでも結構な観光スポットが点在します。

この個人的なお勧めスポットは二つあります。

ひとつは。。

小岩井農場です。

岩手県を代表する観光地です。まさに広大な牧場といった感じで、大自然を味わう事ができます。

また春には朝ドラで有名になった桜、秋には紅葉がそして冬には雪まつりがと四季を通じて楽しめます。

食べるものも小岩井の牛乳を使用したソフトクリームが有名ですが、ジンギスカンも隠れたグルメとなっています。

また小岩井農場の施設自体が国指定重要文化財となっていますので、そういう観点から楽しむのもいいと思います。

もうひとつが。。

盛岡手づくり村です。

盛岡市を代表する観光施設で、各工房の作業風景を見学できる他、手づくり体験を楽しむことができる観光総合施設です。

そこでは藍染めの体験コーナーや盛岡冷麺の調理体験、わら細工、陶器、機織り、など様々な手作り体験が堪能できます。

修学旅行の誘致もとても盛んにおこなわれていますので、お子さん連れなどのファミリーには打ってうけだと思います。

 

こんなに見どころいっぱいの岩手県ですが、おいしい食べ物も数多く存在します。

代表的な所は岩手三大麺である盛岡冷麺・わんこそば・じゃじゃ麺や三陸のうに丼、遠野ジンギスカン、前沢牛など数えきれません。

海の幸から山の幸までとても豊かな自然を背景にしたグルメな一品が揃っています。

こうしたグルメや観光スポットを巡りながら、淡水海水の釣りを楽しむ旅行はいかがでしょうか?

岩手県はとても大きいので一日では回り切れません。

なので、四季折々、釣れる魚のシーズンなど時期をみて複数回来県されるのが良いと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

釣りに関するコラムカテゴリの最新記事