釣りのおすすめシーズンや時間帯はいつ?

釣りのおすすめシーズンや時間帯はいつ?

こんにちは、今回は「釣りのおすすめシーズンや時間帯はいつ?」というテーマでお伝えします。

 

私が釣りに行く前にキモに命じていることは、自然はおそれずあなどらず又は、海はおそれずあなどらずです。釣りの醍醐味、本当の楽しさ・面白さは、当然、魚が釣れた時の引きは面白いです。初心者の場合はがむしゃらにリール巻こうとするでしょう。特に、大物が釣れると胸はドキドキで興奮状態です。また、計画から模索しながら1匹釣れるまでの間が特に、面白いです。釣りをする為には、計画➡準備➡釣行ですが、自分自身が、どんな魚を釣りたいのか?、何処で釣るのか?を考えて行く必要があります。初心者の方の場合は、淡水魚ならフナ釣りからスタートが良いでしょう。釣り竿はへら竿・ウキ、特に、感度のあるものを選びます。釣りになれてきらルアー釣り【ブラックバス・ライギョ】も良いでしょう。管理釣り場ありますが、海水魚なら防波堤釣りが良い思います。サビキ釣りは、釣具店に行くとセットで販売されていますので価格は手頃です。初心者の方がスタートするならこの辺りからがオススメです。

 

釣る為のポイントは、どんな魚によりますが海の魚を上げますと、季節では春・夏・秋・冬ですが、順番に大まかに話をしますと、春はメバル・海タナゴなど、夏はウナギ【梅雨の濁り時期】・キス【晴天の日】(メゴチはキスよりも美味しい魚)、スズキなど、秋は季節の中でベストシーズンです。冬場は、釣れにくいのですが、根気よく日中でもテトラの穴釣りでブラックリの仕掛け使って根魚狙いでガシラ【アラカブ・カサゴ】などが釣れるます。潮の時間帯では、特に新月・大潮の満潮の前後で大潮の時は海の底から潮の流れの力によってひっくり返さらて魚の餌・プランクトン類が浮遊して食べやすくなり活性が上がります。1日の時間帯では、朝【朝マヅメ】・夕方【夕マヅメ】と言いますが、この時間帯も活性が上がる時間帯で、活性とは魚がエサを食べる時間帯で、朝と夕方は昼間と夜の魚が入れ替わる時間帯でもあります。特に夕方がオススメです。時間帯は昼15時~仕掛け・エサを突入して釣り開始が良いと思います。19時~20時までがベスト時間帯です。

 

これから、釣りを初めるためのアドバイスは、釣りのマナーを守る事です。天気・天候は確認しましょう。晴れの日でも海は風が強く荒れている場合もありますので

救命胴衣の着用は大事です。救命胴衣は釣具店に販売されています。また、釣りに行く時は誰かに伝える事、安全の為に2人以上で行くほうが安心です。更に名前を書けそうな釣り道具類、救命胴衣・竿ケースなどに書くのが良いでしょう。出来れば、詳しく住所・名前を書くのがオススメです。また、危険場所に行かない事、知らない魚は触らない事、毒を持っている魚もいます。釣って食べる魚は、自分でさばいてみるのも魚の仕組みが勉強になり、食べると美味しいですよ。最近食べた魚で、カワハギですが、皮は手ではがす事が、出来ます。食べ方としては、カワハギのキモとわさびしょう油であえてカワハギの刺身をつけて食べると絶品でやみつきになるぐらい超美味しいです。食べる機会があればオススメです。僕の場合は、食べれる魚を釣って自分でさばいて晩酌です。釣って楽しい、食べても美味しい、楽しみが満載です。

 

釣りに関するコラムカテゴリの最新記事