初心者が釣りをする際に気をつけるべきこと

初心者が釣りをする際に気をつけるべきこと

こんにちは、今回は「初心者が釣りをする際に気をつけるべきこと」というテーマでお伝えします。

 

私が釣りをする際に気を付けていることはフィールドと装備選びです。海(堤防からの投げ釣り、船での沖釣りなど)、湖、沼、川、ダムなどフィールドは多種多様です。もちろんそこにいる魚も違いますので、それに合った装備が必要です。

付随して、大体の場合は車が必要になると思いますが沼、湖、ダムなどに生息する魚はよく人が来る場所だと俗にいう擦れている(警戒心が強い)ことが多いので、穴場スポットを探すことも必要かもしれません。私の場合は以前は車高が低い車に乗っていたので、人がいない場所を探す=険しい道のりを進むため、それなりの車も必要です。装備も竿自体がフィールドとの相性があるので、フィールドと装備選びが絶対的に大事だと思います。

 

私が考える釣りのポイントは、魚の気持ちになることです。上記にも記載したフィールドと装備選びですが、これがマッチしていないと魚が餌に食いつきません。そもそも認識されないかもしれません。例えば、湖でブラックバスを釣ろうと考えた場合、ルアーでの釣りが鉄板になると思います。ただルアーと一口に言っても、種類も多いですし、何を選べばいいか分からないということになると思います。そこで魚の気持ちです。湖なら、周辺の木々から虫(セミや芋虫)が落ちてきて、それを食べ物と認識しているのではないだろうか?といった仮説から、虫っぽいものを選んだり、湖が雨で濁っている時は、魚が見つけやすい白っぽいルアーやキラキラするルアーを使おうといった装備選びの基準になります。あと、日差しが強い日は陰に隠れているだろうとか、そこの方にいるだろうとかとにかく仮説をたくさん立てることが出来ます。これを一つずつ検証していき、得意フィールドを見つけることが上達のコツだと思います。

 

これから釣りを始める方は、一人で始めようとしないでください。まずはそれなりにやっている人に教えを乞うことが早道です。可能であれば、道具、フィールドの選定から同行させてもらうことが一番です。その際に釣りたい種類の魚がいるのであれば、希望を伝えてみましょう。きっといいフィールドを教えてくれます。釣り人はお気に入りのマイプレイスを持っています。どうしても周りにそういった人がいない場合は、奥の手です。釣具屋さんを頼りましょう。初心者であることと予算を伝え、装備の選定、フィールドの選定をしてくれると思います。

おすすめは小さいところではなく、某チェーン店がいいです。人が多く集まる場所なので、情報共有がよくされています。むしろ使わないと損です。あまり情報がない釣具屋さんは、今後は使うことを避けたほうがいいかもしれませんね。逆に小さくても常連客で成り立っている所のほうが濃い情報をもっていることもありますが、まずはチェーン店でいいでしょう。良い釣りライフを!

 

釣りに関するコラムカテゴリの最新記事